合同葬を行う場合はどういった利点があるのか

2020年09月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬は、複数人の親族の遺族や友人同士が同時に葬儀を行うことによって、葬儀に掛かる費用や時間を大幅に省けるといった利点があります。葬儀に関する全般的なサービスを請け負っている業者の中には、こうした複数人の合同の葬儀をメインに扱っているところも少なくありません。そこで、理想的な形で葬儀の手配をするうえで、数ある葬儀業者の中でも大きな規模の斎場を運営しているところや、一人ひとりの顧客サポートが行き届いているところを契約先の候補に入れることがポイントです。

続きを読む

合同葬の手配をする時に確認しておきたい点

2020年08月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬は、二人以上の故人の通夜と告別式をまとめて行うスタイルとして年々人気が高まっており、大手から個人規模まで多くの葬儀業者の間で受付が行われています。そうした状況の中、希望通りの葬儀を行うにあたっては、いくつかの葬儀業者が過去に扱った葬儀の種類について詳しく調べたり、主に在籍しているスタッフの得意な葬儀の形式について把握をしたりすることがおすすめです。生前相談の評判が良い葬儀業者の中には、年中無休で全国各地の遺族からの葬儀に関する無料相談の対応をしているところも珍しくないため、時間を掛けて安心して依頼できるところを探してみると良いでしょう。

続きを読む

理想的な形で合同葬を行うには何が大切なのか

2020年07月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理想的な形で合同葬を行いたい場合には、各地の葬儀業者が扱っている人気の葬儀のプランの具体的な内容についてチェックをして、いち早く担当者と相談を始めることが肝心です。業者によっては遺族の家庭まで相談のために無料で訪問してくれるところや、生前相談のサービスに力を入れているところもあるため、早い段階から人気の業者の共通点を把握することがおすすめです。また、合同葬を設備がしっかりとしている斎場で行うにあたっては、百万円を超える費用が発生したり、通夜や告別式の準備に手間が掛かったりすることもあるため、いつでも質問ができるスタッフがいる業者にお世話になることがポイントです。

続きを読む

合同葬をする利点と欠点を知ろう

2020年06月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今は様々な葬儀方法が提案されるようになりましたが、その中の一つが合同葬です。一般的に葬儀には、遺族が行う個人葬以外に、会社が葬儀をする会社葬があります。この2つの葬儀は、別々で行うのが一般的ですが、遺族と会社とが話し合って一緒に行う葬儀のことを合同葬と言います。合同葬にするメリットとしてまずあげられるのが、遺族の負担を減らせるという点でしょう。葬儀の手配に慣れている人は少ないです。そんな葬儀の手配を、家族を失った悲しみの中でするのは大変な作業です。

続きを読む

それぞれの役割分担を明確にしよう

2020年05月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬儀を行う場合には、それぞれの分担を明確にしておく必要があります。もともとつながりのない人たちが集まることにより、その人の立場が明確でないとグダグダになってしまう可能性があるからです。まず、葬儀を行う前の段階で立場にはどのようなものがあるかを決めておきます。そして、それぞれの役割がわかったならば、誰がそれを担当するか決めていきましょう。最初は立候補で良いですが、立候補でもなかなか人が集まらなければ、ジャンケンなどで決める必要があります。

続きを読む

pagetop