理想的な形で合同葬を行うには何が大切なのか

2020年07月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理想的な形で合同葬を行いたい場合には、各地の葬儀業者が扱っている人気の葬儀のプランの具体的な内容についてチェックをして、いち早く担当者と相談を始めることが肝心です。業者によっては遺族の家庭まで相談のために無料で訪問してくれるところや、生前相談のサービスに力を入れているところもあるため、早い段階から人気の業者の共通点を把握することがおすすめです。また、合同葬を設備がしっかりとしている斎場で行うにあたっては、百万円を超える費用が発生したり、通夜や告別式の準備に手間が掛かったりすることもあるため、いつでも質問ができるスタッフがいる業者にお世話になることがポイントです。

続きを読む

合同葬をする利点と欠点を知ろう

2020年06月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今は様々な葬儀方法が提案されるようになりましたが、その中の一つが合同葬です。一般的に葬儀には、遺族が行う個人葬以外に、会社が葬儀をする会社葬があります。この2つの葬儀は、別々で行うのが一般的ですが、遺族と会社とが話し合って一緒に行う葬儀のことを合同葬と言います。合同葬にするメリットとしてまずあげられるのが、遺族の負担を減らせるという点でしょう。葬儀の手配に慣れている人は少ないです。そんな葬儀の手配を、家族を失った悲しみの中でするのは大変な作業です。

続きを読む

それぞれの役割分担を明確にしよう

2020年05月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬儀を行う場合には、それぞれの分担を明確にしておく必要があります。もともとつながりのない人たちが集まることにより、その人の立場が明確でないとグダグダになってしまう可能性があるからです。まず、葬儀を行う前の段階で立場にはどのようなものがあるかを決めておきます。そして、それぞれの役割がわかったならば、誰がそれを担当するか決めていきましょう。最初は立候補で良いですが、立候補でもなかなか人が集まらなければ、ジャンケンなどで決める必要があります。

続きを読む

合同葬の役割分担を決める時に注意すべき点

2020年04月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬を準備から当日まで円滑に進めるためには、遺族や会社の関係者などが役割分担を決めて作業を行うことがとても重要となります。特に、規模が大きい葬儀を行うにあたっては、準備のために一週間以上の期間が掛かったり、参列者との連絡調整が必要となったりすることもあるため、余裕を持って対策を立てることが肝心です。最近では、合同葬を希望する遺族を対象としたトータルサポートに力を注いでいる葬儀社も多くあるため、積極的に営業の担当者に質問をすることがおすすめです。

続きを読む

合同葬とは一体どのような葬儀なのでしょうか

2020年03月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬という言葉を最近知りました。様々な定義があるようですが、一つの定義としては、遺族と企業が合同で行う葬式であるということです。密葬と本葬を一度に行う葬儀であることから、それが合同葬と呼ばれるようになったのでしょう。合同葬で一番大切なのは、仕事の分担ではないでしょうか。会社で大規模な葬儀を行う場合には、必要な実行スタッフを割り当てておくことが絶対必要です。どのような役割があるのでしょうか。私たちの頭にすぐに浮かぶのは、最寄りの駅から葬儀場までの道案内をする係りの人達です。

続きを読む

pagetop