合同葬の役割分担を決める時に注意すべき点

2020年04月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬を準備から当日まで円滑に進めるためには、遺族や会社の関係者などが役割分担を決めて作業を行うことがとても重要となります。特に、規模が大きい葬儀を行うにあたっては、準備のために一週間以上の期間が掛かったり、参列者との連絡調整が必要となったりすることもあるため、余裕を持って対策を立てることが肝心です。最近では、合同葬を希望する遺族を対象としたトータルサポートに力を注いでいる葬儀社も多くあるため、積極的に営業の担当者に質問をすることがおすすめです。

続きを読む

合同葬とは一体どのような葬儀なのでしょうか

2020年03月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬という言葉を最近知りました。様々な定義があるようですが、一つの定義としては、遺族と企業が合同で行う葬式であるということです。密葬と本葬を一度に行う葬儀であることから、それが合同葬と呼ばれるようになったのでしょう。合同葬で一番大切なのは、仕事の分担ではないでしょうか。会社で大規模な葬儀を行う場合には、必要な実行スタッフを割り当てておくことが絶対必要です。どのような役割があるのでしょうか。私たちの頭にすぐに浮かぶのは、最寄りの駅から葬儀場までの道案内をする係りの人達です。

続きを読む

合同葬の役割分担の決め方を確認しておこう

2020年02月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬は、数ある葬儀の形式の中でも規模が大きいこともあり、遺族や関係者、友人などが協力して役割分担を決めることが重要となります。特に、会場案内や受付などの担当をする場合には、ビジネスマナーを習得したり、色々な人と積極的にコミュニケーションを取ったりすることが大事です。また、葬儀社によっては合同葬を希望する遺族を対象としたフォローに力を入れているところがたくさんあるため、時間を掛けて人気が高い業者のパンフレットをチェックしたり、電話相談窓口を利用したりすることがおすすめです。

続きを読む

合同葬の役割分担のハイライトが受付です

2020年01月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は会社でよく行われる合同葬というものの社員の役割分担について記事を書きます。まずその役割分担は多岐に渡ります。順番に上から掲げてみましょう。合同葬の役割分担としては次のようなものが考えられます。まず最初に葬儀委員を立ち上げなければなりません。そして葬儀委員長を選出しなければなりません。葬儀は葬儀委員長の指示のもと、整然と執り行われます。葬儀委員長の先導によりすべてが進むということです。それから車内の運営スタッフというのがあります。

続きを読む

役割を明確にしておくと慌てることがありません

2019年12月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀・告別式の形は様々ですが、近年は合同葬という形式も増えています。ここで重要になるのが、役割分担ではないでしょうか。各々が主張ばかりをしていると、参列者が混乱をしてトラブルになってしまいます。葬儀社のスタッフを含めて話し合いをしておくことで、トラブルを未然に防ぐことが出来ます。焼香の順番や座る場所、更には控え室の割り当てがこれに該当するのではないでしょうか。合同葬のメリットは、何よりも費用を抑えられる点です。

続きを読む

pagetop